最安値に挑戦!吉野家が期間限定で並270円

 無茶しやがって...(AA略

 ここのところ苦戦続きの吉野家が、一週間の期間限定で、牛丼・牛皿・牛鮭定食を110円引きで提供するキャンペーンを開催するそうです。
 好みはそれぞれでしょうが、僕は吉野家の牛丼の味が一番好きなので、多少の価格差であれば気にしないのですが、100円も差があるとなると、流石にちょっと考えちゃいますよね...。
 吉野家の牛丼が270円で食べられるとあれば、少なくとも期間中は、千客万来の大賑わい間違いなしだとは思いますが、元の値段に戻った時がちょっと心配です。
 いずれにせよ、吉野家には一日も早く元気を取り戻してもらいたいものです。

 ところで小盛っていつからなんでしょうか?
 頼みませんが。

吉野家、1週間限定で牛丼270円 最安値で逆襲、副作用の懸念も(SankeiBIZ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 最安値に挑戦!吉野家が期間限定で並270円

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ushi.donburi.net/mt/mt-tb.cgi/86

コメント(1)

牛鮭 :

2020.4.11 MONEYzineの記事より引用

吉野家の昨年の決算書に記載された売上や支出から概算すると、従来の提供価格である牛丼並盛1杯380円にかかる原材料コストは156円、これに従業員の給料などの経費が200円弱かかっており、利益は1杯あたり30円しか残らない。単純に考えると牛丼を270円に値引きすれば赤字になってしまう。そのためサイドメニューや定食などで稼ぐしかないが、吉野家のメニューは牛丼中心で、すき家や松屋と比べるとレパートリーが少ないのが現状だ。
--------------------------------------------------

牛丼は安いだけが魅力じゃない。
世間は、いや、業界も間違っている。
早い! 美味い!って事の3拍子揃ってこそ「牛丼」。
頑張れ!愛する牛丼屋たち 牛鮭の呟きでした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、くわが2010年3月31日 20:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「吉野家に新たなメニュー「小盛り」」です。

次のブログ記事は「松屋とすき家が、牛丼(並)を250円で食べられちゃうキャンペーンを開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0.3
ぎゅう♪ぎゅう♪ぎゅう♪ぎゅう♪ ぎゅう♪ぎゅう♪ ぎゅう♪ぎゅう♪