Silverlightの最近のブログ記事

 もう書いたと思っていたのにエントリーが見当たらなかったので改めてメモ。
 方法自体はとっても簡単なのでとりあえずソースだけ。

StreamResourceInfo sri =
 App.GetResourceStream(new Uri("/assemblyName;component/filename.jpg", UriKind.Relative));
BitmapImage bi = new BitmapImage();
bi.SetSource(sri.Stream);
Image img = new Image(){ Source = bi };

 見難くてごめんなさい。

 とあるアプリケーションが、MacのSafariで正常に動作しないという報告がクライアントからありました。

 多少条件判定処理が多いくらいで、それ以外はどう考えてもごくごく普通の処理をしているだけの個所なのに、確かに動作がおかしかったので、前回のエントリーで書いたSilverlightとJavaScriptの連携を使ってログを吐きつつ調査をしてみたところ、恐ろしいことに気づいてしまいました。

 double型って==演算子で比較しちゃダメなの?(´・ω・`)

 明らかに等しいdouble値の==演算子の比較が常にfalseになっているようだったので、試しにEqualsで比較するようにしてみたら、正常に動作するようになりました。
 確かにEqualsメソッドもあるけど、別に==で比較しても良いんじゃないの?ヽ(`Д´)ノ
 何も明らかに等しい値を、しかもMacのSafariだけでスルーしなくても良いと思う(´;ω;`)

 ということで、今後はdouble型の比較には、==演算子じゃなくてEqualsメソッドを使いましょう、というお話しでした。

 でも忘れちゃいそうだなー( ;^ω^)

 SilverlightアプリケーションからアプリケーションをホストしているHTMLファイルに記述されたJavaScriptのファンクションを呼び出す方法はこんな感じ。

ScriptObject jsFunction =
  (ScriptObject)HtmlPage.Window.GetProperty("jsFunctionName");
if(jsFunction != null)
{
  jsFunction .InvokeSelf(parameter);
}

 引数を問題なく渡せることは確認しましたが、どんな型が渡せるのかとか、返り値もちゃんと渡って来るのかとか、外部JSファイルのファンクションはどうなんだ、とかいうのはまだ試していません。
 JavaScriptからSilverlightアプリケーション内のメソッドを呼び出すこともできるのですが、それはまた次回。

 これまで、XMLファイルをWebClientで読み込む処理は結構あったのですが、XAP内に同梱されたXMLを読み込んだことはなかったので、最初はどうすればいいかちょっと悩んでしまいました。
 でも方法さえわかってしまえばとっても簡単。

 プロジェクトにXMLファイルを追加して、"Build Action"を"Content"に設定してしまえば、あとは以下のような感じで読み込むことができます。

//data.xmlがSilverlightプロジェクト直下に配置されている場合
XmlReader reader = XmlReader.Create("data.xml");

 僕の場合は、この後XDocument.Load(reader)して、LINQ to XMLでモニャモニャすることが多いです。

 何かと便利なSilverlight.jsのリファレンスと、最新版の入手先と、さらに、いつか必要になりそうなSilverlight.supportedUserAgent.jsなんてものも発見したので併せてメモ。

■Silverlight.js

・最新版ダウンロード
http://code.msdn.microsoft.com/silverlightjs
・日本語版リファレンス
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc838126(VS.95).aspx

■Silverlight.supportedUserAgent.js

・最新版ダウンロード
http://code.msdn.microsoft.com/SLsupportedUA

Silverlightで自分自身の絶対URIを取得するために使用するプロパティ。

▽XAPファイルの絶対URI
Application.Current.Host.Source.AbsoluteUri

▽HTMLファイルの絶対URI
HtmlPage.Document.DocumentUri.AbsoluteUri

 数値を表す文字列を数値に変換したい場合は、各数値型クラスのスタティックメソッド「Parse」を使用すれば良いわけですが、文字列が"FFFF"とか"F3C8"(←これにピンと来た人はおっさん)みたいに、16進数表記だった場合はどうすればいいんだろうという部分で行き詰まってしまいました。

 最初は、VBのValやCInt的なノリで、int.Parse("0xFF");とかやってみたのですが、残念ながらうまくいかず、調べたところ、オーバーロードされたParseの第二引数"NumberStyles"に秘密があったようです。
 いろいろなスタイルを指定できるようですが、16進数表記の文字列を変換する場合は、"NumberStyles.AllowHexSpecifier"を指定すれば良いようです。

int num = int.Parse("FF",NumberStyles.AllowHexSpecifier);

 上記の例でわかる通り、文字列には16進数を表す"0x"などを付けてはいけません。

 XAMLのサンプルはいろいろなところで見つかったのですが、C#のコードで直接追加する方法がなかなか見つからなかったのでメモしておきます。
 見つけるまでは多少手間取りましたが、見つけてしまえば方法自体はいたって簡単です。

ToolTipService.SetToolTip(targetObject,
             new TextBlock() { Text = "秘密結社ぎゅう☆ぎゅう倶楽部" });

 次に調べなければならないのは、ツールチップのスタイルのカスタマイズ方法です。
 WPFでXAMLを使用したサンプルを見つけたので、こちらもとりあえずメモ。

 WPF Custom ToolTip Example(theWPFblog

 あるタイミングで、Ctrl キー、Shift キー、Alt キーなどの修飾キーの状態を取得したいというのは良くあることですが、SilverlightではKeyboard.Modifiersを使用して、上記の情報を得ることが出来ます。
 Shiftキーの状態を取得する場合は、C#だとこんな感じ

using System.Windows.Input;
...
if ((Keyboard.Modifiers & ModifierKeys.Shift) == ModifierKeys.Shift)
{
  //Shiftキーが押されていた時の処理
}

 やっと本格的にSilverlight2に携わることになりましたが、Silverlight以前にC#での開発自体がほぼ初めてなので、だいぶ苦戦しています。

 ちょっと油断している間に、Silverlight2β2が公開されていました。

 ランタイムライブラリの他に、Visual Studio 2008 用 Microsoft Silverlight Tools Beta 2(silverlight_chainer) 、Silverlight SDKと、XAMLを作成する上で欠かせないExpression Blendが併せて公開されています。

 早速ダウンロードしてインストールしてみたところ、ランタイムライブラリとBlendは問題なかったのですが、VisualStudioでSilverlightプロジェクトを新規作成したり、既存のプロジェクトを開こうとすると、エラーメッセージが表示されるようになってしまいました。

 明日またいろいろと試してみようと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSilverlightカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはJavaScriptです。

次のカテゴリはいろいろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0.3
ぎゅう♪ぎゅう♪ぎゅう♪ぎゅう♪ ぎゅう♪ぎゅう♪ ぎゅう♪ぎゅう♪