秘密結社ぎゅう☆ぎゅう倶楽部でタグ「OOB」が付けられているもの

 残念ながらできません。

 アプリケーション起動時にIsolatedStorage内のデータを読み込んで削除し、終了時に再度すべて保存し直すという方法も検討しましたが、コントロールパネルからアンインストールされた際には結局データが残ってしまいますし、アプリケーションが正常終了しなかった場合に全保存データが失われてしまうというリスクもあるため、今回は実装を見合わせました。

 これは是非なんとかして欲しいんですが、Silverlight5ではどうなってるんでしょう?

 Windows7で高DPI設定にした時だけ、OOB(Out-of-browser)アプリケーションウインドウ内のコンテンツが、ウインドウからはみ出してしまうという現象が発生してしまいました。
 DPIの変更自体にはXPから対応しているのですが、どうしてWindows7でだけ問題が生じるのですか?ボクカナシイ

 特別な設定でしか発生しない現象なら、別に対応しなくても良いよね!なんて思っていたのですが、聞いたところによると、標準で125%(120DPI)に設定されているPCもあるとかで、仕方なく調査に乗り出したのでした。(第一部・完)

 最初は、ものすごく面倒な対応を強いられるのではないかと思っていたのですが(全コントロールのサイズをDPI比から算出して再設定するとか)、調査をはじめて三日目の晩、実家の茶の間に飾られた白黒写真でしか見たことのない曽祖父が夢枕に立ち、「SettingsクラスのEnableAutoZoom プロパティ」と呟いたところではっと目が覚めた僕は、早速以下の一行をAppクラスのコンストラクタに追記してみました。

Host.Settings.EnableAutoZoom = false;

 上記の一行加えただけで、見た目は標準のDPI(96DPI)設定時と同じように表示されるようになり、動作上も今のところは特に問題なさそうです。

 本当はちゃんと解像度設定に従うような実装を心がけるべきなんでしょうが、今さらもうどうしようもない!なんて時はとりあえずこんな感じで対応するのもやむなしってことで、僕は引き続き「マルマルモリモリ」の振り付けを覚える仕事に戻りたいと思います。

タグ